スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

symfonyってなんだろう?

symfonyって?
一言でいうなら、「php向けのwebアプリケーションフレームワーク」といったところでしょうか。
ん??いきなり解りづらいですね。一句ずつ考えていきましょう。

PHP
まずphp、これは読者の皆さんならほとんどのみなさんがよくわかると思いますので省略します。(phpについて、よくわからないという方はGoogle先生に聞いてみるか、↓の本でざっとさらってみることをオススメします。)

初めてのPHP5初めてのPHP5
(2005/10/27)
David Sklar

商品詳細を見る


「webアプリケーション」とは
具体的な例を挙げてみましょう。ショッピングサイト, wikipedia, インターネットショッピング etc.. と言われると大分イメージできるのではないでしょうか? きっと使ったことのあるものばかりですよね!
「webサイト」と何が違うんだろう?という疑問がわくかもしれません。IBM developer Worksの記事によると、webサイトの主体は情報を伝えること、webアプリケーションの主体は対話であるとされています。webアプリケーションにもwebサイトとしての情報を伝達する機能があることには変わりありませんが、ユーザーが積極的にサイトに参加する(twitter、facebookやネットゲームなど)という側面が異なっているのですね。

「フレームワーク」とは
骨組み・土台という意味です。たとえば、一冊の本を作るとして考えてみましょう。
本を作る場合、どんな本でも共通している部分がありますよね?例えば複数のページがまとめられている、表紙・裏表紙・背表紙がある、ISBNを記載する等々・・そういったどんな本にでもある共通の部分を「骨組み」としてまとめてしまい、新しく本を作るときに効率をよくしよう、という考え方です。

こうしてみると、大分分かってきたのではないでしょうか?
分かりやすくまとめると、phpで開発するwebアプリケーションに必要な作業の部分部分を自動化、またはパターン化して効率を良くしてくれるものです。

symfonyの用途?
ここまで解ると、symfonyを使うとどんなサイトが作れるんだろう?というところが気になると思います。
ほかのPHPフレームワークと比べて、symfony大規模なサイトに適していると言われています。たとえば、Yahoo! answersdelicious(ブックマーク共有サイト)、Dailymotionなどのサイトがsymfonyで開発されました。
詳しい比較はこちらをどうぞ。



symfony成り立ちや、紹介しきれなかったsymfonyの機能紹介については、 公式サイトを参考にしてみてくださいね;)

スポンサーサイト

コメント

学習資料

Symfony の翻訳チームのメンバーです。わからないことは twitter でつぶやいていただければ、できる範囲で回答いたします。

ところで、symfony1系は実際の仕事にはお使いでしょうか?

まだ symfony1系を導入していなくて、PHP 5.3 を利用できるのであれば、Symfony2 で作られた Silex のほうがおすすめです。

http://silex-users-jp.phper.jp/

理由は素の PHP から少しずつ Silex に書き換えて導入することで、勉強の負担を分散させることができることと、symfony1系で学習のネックになっていたコマンドラインと ORM が必須ではないからです。

フレームワークを使いこなすためには、オブジェクト指向のプログラミングを勉強する必要がありますが、入門書として
「パーフェクト PHP」がおすすめです。この本は Symfony 翻訳チームのメンバーの1人の小川さんが執筆者の1人に入っています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4774144371

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。